あいかわらずクラウドは

クラウドは相変わらず、あまり稚エビが残りません

抱卵個体が5、6匹いて、ハッチアウトしてるはずですが

どこにも見あたりません




これはおかしいと思い



まだ3匹くらい抱卵個体がいたので水槽を移動しました



この環境で生き残って欲しいです

この環境で稚エビが残らなかったら

もうリセットして新たに水槽立ち上げるしかないです





生まれたては弱い気がします

いつの間にか消えてしまいます



その弱い時期を乗り越えたら

なかなか死ななくなる気がします



そんな過酷な環境の中


なんとか生き延びた個体たちもいます




その中には綺麗な個体も何匹かいました

今日はそんな個体を紹介しますね



こんな個体や

DSC_5997.jpg


こんな個体

DSC_6008.jpg

この個体はお気に入りです



今1cmくらいのまだ稚エビですね

これから化ける可能性もあります



綺麗な個体7、8匹掬って旧アマ60cm水槽にいれました


60cmに稚エビ7、8匹です

贅沢な環境でしょう




旧アマの栄養と

飼育密度が低いためか


日に日に大きくなってる気がします



元気なんですけど、この水槽ドブのような臭いがする気がします

富栄養化なんだろうか



旧アマはやはり自分の手に余る



しかも、前回の記事

今度こそアオミドロを殲滅するために

で撃退したはずのアオミドロも復活しだしたし

この水槽以外はアオミドロが復活の兆しはないので



やっぱり富栄養化なのだろうか





でも、ホントに成長スピード早いです


年内に抱卵できるんじゃないかってレベルです




富栄養化水槽は扱えればすごいんだろうな






今うちにいる1番綺麗なオスです

DSC_5974.jpg




この富栄養化水槽の7、8匹はたぶんメスが多いので


このオスでハーレム水槽を作るのが夢です






ランキングに参加しています
↓少しでもおもしろいと思ったらクリックしてくださいね

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
[ 2017/11/25 01:00 ] クラウド | TB(0) | CM(6)

稚エビを残すことに成功しました

クラウドの稚エビが残りませんでした



クラウドの稚エビを残す方法として水換えを一切しないで成長させたことがあります

以前、記事にしました

稚エビが残らず泣いた日々





そのとき水換えを1カ月以上しないで無事稚エビの生存率を上げることに成功しました




クラウドは水換えなしのほうがいいななんて結論が出たはずでした



でもたまたま稚エビが残っただけで



水換えしようがしまいが稚エビの生存率には関係ないと思ってました




なぜならレッドビーはガンガン水換えをしても稚エビが残ったからです

レッドビーで成功してるんだからクラウドも同じ育成方法で残るはずだと頑なに信じこんでいました



しかし、今回水換えなしで育成したところ稚エビが多数残りました

結局クラウドの稚エビを残す方法は水換えをしないのが一番でした





何が悔しいって

一度正解にたどり着いていたのに

水換えしないと稚エビが残るという正解にたどり着いていたのに




2週間に一度水換えして




稚エビ育たねー






って俺バカでしょ





生後3~4週間くらいの稚エビです

DSC_5537.jpg

たぶん別個体
DSC_5624.jpg


このサイズが水槽のいたるところにいます

このままうまくいきそうです




一つ問題があるとしたら

水位がこのように減ってることです

IMG_0040.jpg


足し水して、稚エビがまた消えたらどうしようと心配しています




もし新種系で稚エビが育たないと悩んでる方がいましたら

水換えなしで一か月ほど飼育してみてはどうでしょう






ランキングに参加しています
↓少しでもおもしろいと思ったらクリックしてくださいね

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
[ 2017/09/16 01:00 ] クラウド | TB(0) | CM(6)