爆殖させるために【謝罪】

すみません

前回の記事「爆殖させるために」の記事が消えてしまっていました

見てくれた方申し訳ございません

もう一度、同じような記事を投稿します

記事が完全に消えていて、下書きがちょこっと残ってる程度だったので、思い出しながら書き直しました







稚エビが211匹育ちました

その中でも大きい個体が

ついに

抱卵しました

DSC_5785.jpg


まだ小さい個体なので卵の数は多くないですが

オスはこの個体と掛け合わせました

DSC_5475.jpg



どうやって掛け合わせたかというと

卵巣が黒くなった個体をこのオスのいる水槽に移すだけです

卵巣を見るためには水槽から観察してもいまいちわからないので

掬って


こんな感じのケースに入れて

IMG_0086.jpg


下からiPhoneのライトを照らします

こんな感じです

IMG_0091.jpg


そうするとエビの体が透けて、卵巣が発達していれば黒くなって見えます

確実にメスだけ移動させたい場合に有効です






今、オス1に対してメス10匹以上入れてます



水槽は60cmの旧アマ水槽です

旧アマ水槽は立ち上がりは不安定でしたが

なんとか立ち上がって今1、2番を争うくらい好調です



水槽も広いですし、爆殖の条件は揃ってる気がします




ホントは繁殖用に用意していたんですが

調子悪くて

別の水槽に移動したんですが

その水槽も調子悪くて






ヤバい!もう入れる水槽がない



ってことでダメ元で旧アマ水槽に入れたところ

元気にツマツマしていたのでホッとしています




エビの飼育ってなかなかうまくいかないものですね

ちょっとした環境の変化で調子を崩します





そういえば、クラウド水槽も調子落ちたので

別水槽に移したばかりです





調子が悪い、ジッとして動かない、エサ食わない

こういう時は水槽移動が一番いい気がします



移動した先で何事もなかったかのようにツマツマすることが多いです






ランキングに参加しています
↓少しでもおもしろいと思ったらクリックしてくださいね

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

やっと抱卵しました

久しぶりにレッドビーが抱卵しました


DSC_5747.jpg



2ヶ月くらい抱卵が止まっていたのでうれしいです



以前30×30×40水槽から160匹くらい稚エビを移動させました

それでもまだ30匹以上いました

ということは稚エビが合計190匹近くいたんですね




そんなに稚エビがいたらさすがに抱卵も止まりますよね




稚エビの数は抱卵には関係ないと思っていました

なので、なんで抱卵しなくなっちゃったんだろうと本気で悩んでいました



やっぱり密度って大事ですね




後日

残りの稚エビも掬ってみたところまだ51匹いました

10匹ずつ掬ったんで数は正確なはずです

ちょうど211匹いたんですね





メス6匹から殖えました

メス6匹から200・・・



これメス30匹とか用意できれば5倍

1000を目指せるかも




211匹いればそこそこのグレードのメスを30匹用意できるんじゃないだろうか

まあ、そんなにうまくいかないだろうけど





うまくいっても水槽が足りなくなります







今回学んだことは密度ですね


抱卵もしないですが、成長速度にも関係してきます

いくら餌を与えたところで密度に余裕がなければ成長スピードは遅くなります





30キューブに200匹以上詰め込んで

こんなに餌与えてんのに成長しないなあ

とかバカでしょ



過去の自分を殴りたい






ランキングに参加しています
↓少しでもおもしろいと思ったらクリックしてくださいね

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村